これを実行すれば視点を変えられる!

エッセイ

In short, we should be able to laugh at ourselves in many cases. I always try to think in this way. Let me explain further.

短く言えば、多くの場合「自分自身の事を笑えるようにしよう。」と言う事だ。僕はその事をよく考える。もっと説明しよう。

視点を変える重要性

I have written about the importance of being able to change our perspective in a couple of previous posts. Also, as in the commencement speech by Wallace, shifting our initial default setting is beneficial. But how can we do it?

前回のいくつかの投稿で視点を変えることの重要性について書いた。またウォレスの卒業記念スピーチでみたように、初期設定を変えることは良い事だ。では具体的にはどうすれば良いのだろう?

視点を変えられる具体的な方法

To be able to laugh at ourselves requires us to be outside of ourselves. So once we are there, we are free from the self-important self. Now we can be in multiple perspectives at the same time.

自分自身を笑えるためには自分の外側にいる必要がある。そして一度出てしまえば最も重要な自分から解き放たれる。同時に複数の視点で考えられるのだ。

笑える事じゃない場合

Of course, there are times when the sense of humor doesn’t work. But the important this is to get objective, different perspectives. Another way to get perspectives is to imagine yourself at different ages, either young you or old you, looking at your current situation.

もちろんユーモアのセンスが適切ではない場合もある。ここで大切なのは客観的で、違った視点なのだ。別の方法としては、過去でも未来でも、今現在とは違う年齢の自分の視点から今の自分の状況をみてみる方法だ。

まとめ

There are many ways to do this, like, how about trying to explain your life to an alien? Can you imagine the alien trying to understand neckties? Hope my suggestions help. It is not easy to do. But makes you realize the possibilities of other perspectives at least.

色々なやり方があるだろう、例えば宇宙人に君の人生を説明してみるとか?宇宙人がネクタイについて理解しようとしているのを想像できる?こんな提案が何らかの励みになると良のだけれど。実際に行うのは難しい、しかし、少なくともその他の視点の存在に気がつくようにはなるのでは。

コメント

タイトルとURLをコピーしました