[アナ訳] デイヴィッド・フォスター・ウォレスのスピーチ、”This is water” [パート3]

英語レッスン

さてシリーズ第3回目、スピーチ読解、アナ訳の続きです。

“This is water” A commencement speech by David Foster Wallace

Here’s another didactic little story.

ここでもう一つの短い寓話を紹介します。

There are these two guys sitting together in a bar in the remote Alaskan wilderness.

アラスカの辺鄙な未開地のバーで二人の男が一緒に座っています。

One of the guys is religious, the other is an atheist, and the two are arguing about the existence of God with that special intensity that comes after about the fourth beer.

片方の男は信仰深く、もう片方の男は無神論者です。そして二人は神の存在について議論しています。特別な熱心さで→ビール約4杯目にして出て来る(熱心さ)。

And the atheist says: “Look, it’s not like I don’t have actual reasons for not believing in God.

そして無神論者が言います。「いやね、僕に特別な理由があるわけじゃないんだ、神を信じないのは。

It’s not like I haven’t ever experimented with the whole God and prayer thing.

試して見なかったわけじゃないんだ、この、神やお祈りするとかそういう事を

Just last month I got caught away from the camp in that terrible blizzard, and I was totally lost and I couldn’t see a thing, and it was 50 below, and so I tried it:

つい前月にキャンプから離れた場所でひどい吹雪につかまったんだ、道が分からなくなり、何も見えない。温度もマイナス50度。そんなわけで試して見たんだ。

I fell to my knees in the snow and cried out ‘Oh, God, if there is a God, I’m lost in this blizzard, and I’m gonna die if you don’t help me.’”

雪にひざまづいて、叫んだんだ。『おお、神よ、もし神が存在するのなら、僕は吹雪の中で迷ってしまった、助けてくれなければこのまま死んでしまう』」。

And now, in the bar, the religious guy looks at the atheist all puzzled.

バーの中で、信仰深い男は無神論者の男をすっかり混乱したように見る。

“Well then you must believe now,” he says, “After all, here you are, alive.”

「じゃあ君、今は信じるんだね、今こうして生きているわけだから」、と男は言う。

The atheist just rolls his eyes. “No, man, all that was was a couple Eskimos happened to come wandering by and showed me the way back to camp.”

無神論者は呆れたように見上げ、「違うんだよ、お前、エスキモーの2人連れがたまたま通りかかって、キャンプに戻る道を教えてくれただけに過ぎない」。

It’s easy to run this story through kind of a standard liberal arts analysis:

この話をリベラルアートのいわゆる標準的な分析方法をつかって解釈することは簡単だ。

the exact same experience can mean two totally different things to two different people, given those people’s two different belief templates and two different ways of constructing meaning from experience.

全く同じ経験が、2人の人にとって全然違う2つの意味を持つことはあり得る、これを考慮すると→この二人はそれぞれ違う信念の型と、経験から意味を導き出す2つの違った方法を持っていること。

POINT

given = 与えられた=考慮すると=この条件で その後に来るthatが省略されている。

Because we prize tolerance and diversity of belief, nowhere in our liberal arts analysis do we want to claim that one guy’s interpretation is true and the other guy’s is false or bad.

我々の社会は他人を許容し、多様な信念がある事を大事にするので、このようなリベラルアート的な分析においては以下のことは主張すべきではない→一方の考え方が正しく、他方は間違っており、悪い、ということ。

Which is fine, except we also never end up talking about just where these individual templates and beliefs come from.

それは正しいことだ。ただ、我々は議論しない、そのような人それぞれの考え方や信念が一体どこから来るのかを。

Meaning, where they come from INSIDE the two guys.

つまり、この2人の男の内面のどこから発生するのか(それぞれの考え方・信念が)

As if a person’s most basic orientation toward the world, and the meaning of his experience were somehow just hard-wired, like height or shoe-size; or automatically absorbed from the culture, like language.

まるで、ある人の社会に対する基本的な視点や、経験から汲み取る意味は、説明なしに、あらかじめ内面に組み込まれているかのようにだ、身長や、靴のサイズのように、あるいは言語のように文化から自然に吸収されるかのように。

As if how we construct meanings were not actually a matter of personal, intentional choice.

それはまるで、人それぞれがどのように意味を見いだすのかは、本当は個人個人が行う意図的な選択では無いかのように。

Plus, there’s the whole matter of arrogance.

それに加えて傲慢さという大きな問題がある。

The nonreligious guy is so totally certain in his dismissal of the possibility that the passing Eskimos had anything to do with his prayer for help.

この無宗教の男は完全に確信しきっている、以下の可能性は無いと→通りがかったエスキモーたちと、自分の助けを求めた祈りとの間に相関関係がある。

True, there are plenty of religious people who seem arrogant and certain of their own interpretations, too.

それは事実だ、信仰がある人の中でも傲慢なように見え、自分の解釈を信じきっているように見える、のもまた(事実だ)。

They’re probably even more repulsive than atheists, at least to most of us.

信者は無神論者よりもさらに嫌悪感をあおる、すくなくとも我々の多数にとっては。

But religious dogmatists’ problem is exactly the same as the story’s unbeliever: blind certainty, a close-mindedness that amounts to an imprisonment so total that the prisoner doesn’t even know he’s locked up.

宗教を信じきっている人の問題はこの物語の無神論者の問題と全く同じなのだ。それは盲目的に信じること、心の狭さがひど過ぎて囚人のようにしてしまう程、完全に囚われて、自分が禁錮されていることすら気がつかないほど(の心の狭さ)。

Yojo
Yojo

このアナ訳は日本語としては読みづらいかもしれないけれど、英語ではこの順序で情報を頭に入れていくわけなので慣れるのが必要。

次回に続きます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました