例の2人組。どんな人だったのか。 バンクーバー・カナダでの最初の日々

Yojo ジャーナル

Charlie and Edward. They gave me a ride from Vancouver downtown to the Youth Hostel on the first day. I became friends with them later. They kindly drove and showed me around the city many times. I was grateful for their friendship but I felt a little uncomfortable especially I had a hard time communicating with them.

初日にダウンタウンからユースホステルまで車で送ってくれた二人はチャーリーとエドワードと名乗った。その後友達となったのだ。親切に車で街のあちこちを見せてくれたものだ。親切にしてもらう事はとても有難かったが、うまく話せないこともあり、ぼくは少し気まづい気もした。

不思議なコンビ

Charlie was an Asian man from Singapore. I think he was in his forty’s. He spoke English with an accent. Edward looked like a proper Eastcoast college graduate, tall, blonde and well-dressed. An unlikely combination. Officially Edward was renting a room form Charlie but they seemed to live together in Charlie’s nice townhome near the waterfront.

チャーリはシンガポールから来たアジア人。多分40代ぐらいだったのか。彼の話す英語にはアクセントがあった。一方エドワードは典型的な東海岸出身の大学卒という感じで、背は高くブロンド、きちんとした格好をしている。あまりない組み合わせではある。正式にはエドワードはチャーリーから間借りをしているという事だが、ヨットハーバーの近くのチャーリーの小ぎれいなタウンハウスに同棲していた。

チャーリーは何者なのか

Charlie didn’t seem to have a job. But he was generous and paid for everbody often when we went out. He turned out to be one of the sons of a wealthy businessman. So he was well provided if not lavishly.

チャーリーには定職は無いようであった。でも彼は出かけた際にはいつも気前よく皆の分の勘定をはらう。後に彼が裕福な会社経営者の息子だった事が分かった。豪華とは言わないが、普通に生活してく分には困ることはそうだった。

エドワードとの関係は?

Obvious even to me back then, they were certainly an item. I was uncomfortable with their friendship because I think Edward was wary of me as a possible competitor. Even though I had no intention or desire towards Charlie, he seemed to be jealous nonetheless.

その当時の僕にでさえ、彼らが恋仲である事がわかった。僕が気まずく感じたのはエドワードが僕を恋敵に成り得る存在と見なしているようだったからである。僕としてはチャーリーに対してはそんな意図も欲求も無かったのに関わらず、彼は嫉妬したように見えた。

Chinatown

I loved going out with them to Chinatown. Hot chili oil and rice. I was poor and didn’t have the courage to go into many types of restaurants by myself. I also remember when the first Starbucks was open in downtown Vancouver. It was then I had my first cafe latte.

チャイナタウンに彼らと外食しに行くのは楽しかった。辛いチリオイルにご飯。僕は貧乏であったし、色々なタイプのレストランに一人で入っていく度胸も無かったから。覚えているのはダウンタウンに最初のスターバックスが開店したばかりだった事だ。初めてカフェラテを飲んだのだはそこだった。

コメント

タイトルとURLをコピーしました