山に住む、そして、貧乏症=「自力くん」

エッセイ

It is wonderful to live in the mountains. Sure. But you are far away from a bakery where you can get a good loaf of bread or a coffee shop that brews a perfect cup espresso. If something breaks, to have a service person come out to our place costs a lot of money. And it is far away from the repair shop where you will drop the broken things of and go pick them up on another day.

山の生活は素晴らしい。それは確かだ。でも、良いパンが買えるパン屋さんも近くには無いし、美味しいエスプレッソを入れるカフェも無い。何かが壊れると修理の人を呼ぶのはお金がかかるし、修理屋までは遠く、修理してもらうものを持って行って、また別の日に取りに行くのはやっかいだ。

自分でやる

So, I end up repairing things myself and making things that we want. I already had tendencies to want to do things myself as much as I could but after living in rural places for a long time the tendencies became my second nature.

そんな訳で自分で修理したり、要るものは自分で作る事になる。そもそも自分でやろうとする傾向が強かったのに加えて、辺鄙な場所に生活する事が長いため今やその傾向は身についてしまった。

インターネットは欠かせない

Information is power, really. If we want to know or learn something, now we can do it by checking the Internet, from repairing our refrigerator to baking a perfect loaf of artisan bread. Another thing we need is materials. Thanks to the Internet we can order many of them online.

情報は力、とはよく言ったものだ。もし何かを知りたく、学びたければ今やインターネットを見れば冷蔵庫の修理から手作りパンの焼き方まで何でも出来る。その他に必要なものは材料だ、それもインターネットのおかげで多くの場合オンラインで手に入る。

そして道具

Being an artist making objects with different media, I have tools from woodworking to metal welding and a studio.

複数の材料を使ってオブジェ制作する、アーティスト稼業のおかげで、木工用の道具や、金属の溶接のための道具はそろっている。それに作業場。

まとめ

Necessity, knowledge, materials, and tools. I am good to go. People call me 「自力くん」. Did I mention that I cut my own hair?

必要性、知識、材料、そして道具。これでバッチリ。人は僕を「自力くん」と呼ぶ。髪も自分で切るのだ、って言ったっけ?

コメント

タイトルとURLをコピーしました