2020-02

英語レッスン

紛らわしい英語: wary と weary を混乱する3つの理由

Wary」と「Weary」の違いが分かる?意味は違うが、綴り、スペルが似ている。そして発音も似ている。イディオムとして前置詞 of がつく。きちんと整理して自信を持って使えるように説明しよう。
英語レッスン

[クリシェClichéシリーズ]食べる事に関するクリシェで英語のソウルを感じよう

食べる事に関係したクリシェや、よくある表現を集めてみた。使い古されるのには理由がある。それには英語のソウルがあるはずだ。
Yojo ジャーナル

オレゴンはひたすら雨。憂鬱になった時の解決法

It has been raining almost every day for several weeks now. It can be a bit depressing. ここ数週間ひたすら雨が降っている。ここまで降られると少...
英語レッスン

[人気]第11弾 フツーのネイティヴ、フツーの英会話: レニーとの会話(続き)。

実際の会話を録画したもので英会話、ヒヤリング・聞き取りの練習。教材では無いので間違いや、口語も多い。実践の会話
英語レッスン

レイオフは解雇するだけじゃない。結構あるLay を使ったイディオム

レイオフには「解雇する」だけでなく、自動詞的に、やっている事を「やめる」と言う意味もある。Lay bare, Lay blame on, Lay off の3つの表現を押さえます。
エッセイ

アメリカの文化的行事?スーパーボール

近所の人たちとスーパーボール・パーティを過去15年毎年行なっている。座ってテレビを見るのも、フットボールの試合を見るのもこの時だけが、文化的行事に参加するのだ。
英語レッスン

カタカナ語が英語を難しくする4つの理由

カタカナ語には色々な意味で歪みがある。同じ言葉でありながら同じではないために英語の発音や意味を間違える元になる。4つの理由を認識して英語センスを磨こう
Yojo ジャーナル

[回顧録] 30年前のカナダ、ワーホリ。知らない言葉はたくさんあった。

今では日常的に使われる単語であればまず知っているが、もちろん英語を使い始めた当初は、聞き取れない、発音が出来ない、単に知らない言葉はいくらでもあった。
英語レッスン

英語がもっと自然になる相槌の打ち方3つのパターン。

会話を弾ませる豊かな相槌、3つのパターン。相手がしっかりと聞いてくれて、自分を理解してくれているのが分かれば、もっと伝えたいと思うのは当たり前だ。また会話のリズムとしても自然な相槌が打てれば生きてくるのだ。
タイトルとURLをコピーしました