アメリカの自由:Don’t Tread On Me が意味すること

mask エッセイ
自由な国

星条旗は誰もが知っているが、ガラガラヘビがとぐろを巻いている絵が付いた黄色い旗を見たことがあるだろうか?「Don’t Tread On Me」と書いてあるが、その意味とは?。この旗が象徴するアメリカの自由について考察しよう。(ウィキペディアの説明参照)。

Treadは上を歩く、踏むなどの意味がある。つまり、「私を踏みつけるな」、「噛みつくぞ」という脅しだ。

Everybody knows “Old Glory” but have you seen a yellow flag with a rattlesnake coiling on grass? The text says “Don’t Tread On Me”. Let’s think about what the flag symbolize in certain context.

To tread on, means to walk on. So it is a threat that says “Don’t walk on me, otherwise I will bite”. (Wikipedia entry here).

ギャヅデン・フラッグ

このギャヅデンフラッグと呼ばれる旗は、独立戦争に時にアメリカ軍の旗として登場した。

しかしその後はリバタリアン(完全自由主義)やティーパーティなどの、政治的グループによって使われた。

通常、小さな政府や、最小限の規則と最低限の税金などの考えを象徴する。

Originally the flag, which is called “Gadsden Flag”, was a US flag in the time of revolutionary war.

But since then, it was used by political parties like libertarians, and more recently by Tea Party.

It is typically associated with an idea of small government with least amount of regulations and taxation.

自由のはきちがえ

近頃では、反国民医療制度、反銃規制、新型ウィルスによるロックダウンに反対する運動に使われるのが目に付く。

僕には、これらの反対運動は、欲や恐怖、そして独善的な考えによって動いているように見える。(言い換えれば、トランプの支持者によってよく使われる。)

And now the flag is used for anti-universal health care, anti-gun controls and recently anti-lock down due to Covid-19. (In other words, it is often used by Trump supporters.)

It seems to me that these three causes are motivated by greed, fear, and selfishness.

American flag
自由の値段を測るのは難しい

まとめ

僕は自由や独立の考え方を愛する。また、自由に生きることを良しとするアメリカという国に対して敬意を抱く。

しかし、以前の投稿で書いたように、大きな視点で人々全体のために政府の規制が必要となる場合はあるのだ。(新型ウイルスと自由について

全くのわがままのために自由の概念が使われるのを見ると失望するのだ。

I love freedom and independence. I respect America as a country which embrace the idea of “live free”.

But as I previously wrote that there are occasions when we need a government to regulate for a bigger picture for people as a whole. (Freedom and responsibility in the time pandemic.)

It is disappointing to see some people use the idea of freedom for very selfish way.

コメント

タイトルとURLをコピーしました