Context is everything. 文脈(コンテクスト)って大事だよね

エッセイ

文脈 = context (コンテクスト)とはある地点に行き着くまでのアプローチ。同じ結論に達するとしてもいくつかの行き方がある。見せ方、考えかた、視点と同じだ。そして文脈によっては以外に大きな違いが出る場合もあり、とても大事な要素となり得るのだ。そんな事を考えさせられたエピソードを紹介。

Mental map: 頭の中の地図

I have a good metal map of the forest around our house. But once I go out of the boundary, the state forest can be monotonous and I can easily be lost.

僕は頭の中に家の周りの森の地図がしっかりある。でも一度のその範囲から出ると、州有森は単調で迷いやすい。

Completely lost: 完全に迷う

One day I was so turned around completely that I thought I would end up staying overnight in the forest as it was getting dark. Panicked, I sat down and looked back the direction where I came. Then suddenly the strange forest became the place where I knew.

ある日、暗くなっていく森の中で一晩過ごすことになると思うほどすっかり方向感覚を失ってしまった。すっかりパニックになり、腰を下ろして来た方向を振り返ってみた。すると突然見慣れない森がいつもの景色に変わるではないか。

How did I got here? どうやってここに到達したのか?

I had come back into my boundary, but because I got there from the unfamiliar direction, I failed to see the familiarity. I was struck by the fact that the same thing could look so different depending on how you got there.

自分の知る範囲に戻っていたのに関わらず、別の方向からそこにたどり着いたので分からなかったのだ。そこにどうやって行ったのかによって同じ場所が全く違って見える事実を実感した。

context = perspective 文脈 = 視点

The episode illustrated how contexts could be very important. A story can be told in many ways, and it can give various impressions. In this sense, a context is a perspective. We should be aware of them when we see things in life.

文脈がいかに重要かを浮き彫りにする経験だった。一つの話もどうやって伝えるかによって様々な印象を与える。そういう意味では、文脈と視点は同じもの。人生一般でも、ものを見る時、文脈・視点は考えるべきだ。

POINT

Turned around = 方向感覚を失う

end up 〜 = 〜と言うことになる

struck by 〜 = 〜に打たれる = 感銘を受ける = 実感する

denpend on 〜 = 〜次第 depend の記事を参考

コメント

タイトルとURLをコピーしました