[回顧録] 30年前のカナダ、ワーホリ: 物を投げる癇癪持ちのリサ

Yojo ジャーナル

The very first day in Toronto, I moved into Jimmy’s condo. There was a huge fight between Jimmy and his roommate, Lisa. She moved out of the condo later. Jimmy told me, “Don’t Let her come into the condo, no matter what.” And she did come back…

トロントの初日、ジミーのコンドミニアムに入居したのだが、そこでジミーとリサのものすごいう喧嘩が起こった。リサはその後引っ越して行ったのだが、ジミーは「リサが訪ねてきた場合、絶対に家に入れてはダメだ」と言う。そして後日ジミーの予想通り彼女がやって来たのだ。

Bugoo
Bugoo

回顧録シリーズ前回からの続きです。

巧妙な手口

I was alone in the condo when the doorbell rang. I checked the peephole to see if it was Lisa. But it wasn’t Lisa. A stranger was standing on the other side of the door. So I opened the door. Suddenly Lisa came out of nowhere and pushed through the door. No time for me to stop her!

僕が一人でコンドミニアムに居た時、ドアベルがなった。リサかと思い、のぞき穴から見ると知らない男が立っている。僕はドアを開けた。するとどこからかリサが突然現れ部屋に押入って来たのだ。止める暇もない。

She told me she had asked the stranger to ring the doorbell for her, explaining to the stranger that she was afraid of being physically attacked by the person inside—me! No wonder the guy looked wary of me.

彼女は見知らぬ人に、中の住人(僕のことだ!)に暴力を振るわれるのが怖いからと説明して、ドアベルを鳴らしてくれと頼んだと言う。男が妙に警戒していたように見えたのはそのせいだったのだ。

誘惑に乗ってはいけない

I tried to make her leave the condo, but she wouldn’t. She started checking the answering machine for massages and looking around the house. Then she began asking me questions. She was doubtful that I was Jimmy’s cousin. And she became overly friendly to me, as if she wanted to seduce me.

僕は彼女を追い出そうとしたが出ていかない。彼女は留守番電話のメッセージをチェックしたり、家の中を見回したりしていた。そして僕に色々質問してくる。ぼくがジミーの従兄弟であるというのを疑っているようだった。そうかと思うと今度は僕に妙に馴れ馴れしくしてくる。まるで誘惑しようとするみたいに。

Well, I had witnessed her being utterly crazy throwing things the other night. Besides, her manipulating way to come into the room was alarming. So I wanted nothing to do with her.

しかし僕は先日彼女がまるで気が狂ったように物を投げまくったのを目撃している。それに部屋に押入って来た巧妙な手口は恐ろしい。そんなわけで僕は一切関わり合いにはなりたくなかった。

やっと出て行く

After a while, she had left, taking some of her belongings that she had left in the condo. When I told Jimmy what happened, he was thoroughly alarmed but relieved that nothing bad had happened. Fortunately, that was the last time I saw her. And I got to move into her room instead of the sunroom.

その後しばらくして部屋に残っていた彼女の物を持ってコンドミニアムを出て行った。ジミーに起こった事を話すと彼はすっかり警戒していたが同時に何も起こらなかったことに安堵していた。幸いなことにそれ以後には彼女に会うことはなかった。そして僕はサンルームの代わりに彼女が住んでいた部屋に移れたのだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました