Yojo ジャーナル

[回顧録] 30年前のカナダ、ワーホリ。知らない言葉はたくさんあった。

今では日常的に使われる単語であればまず知っているが、もちろん英語を使い始めた当初は、聞き取れない、発音が出来ない、単に知らない言葉はいくらでもあった。
英語レッスン

英語がもっと自然になる相槌の打ち方3つのパターン。

会話を弾ませる豊かな相槌、3つのパターン。相手がしっかりと聞いてくれて、自分を理解してくれているのが分かれば、もっと伝えたいと思うのは当たり前だ。また会話のリズムとしても自然な相槌が打てれば生きてくるのだ。
エッセイ

内向型と外向型を決める要素とは?Introvert and Extrovert

外向型か内向型かを決めるのは簡単なように思えるが実際は複雑だ。例えば人と一緒に居るのが好きであったとしても外向型とは限らない。内向型の人間も社交を楽しむことが出来るのだ。
英語レッスン

Lay を使ったイディオム。間違いの多い Lie と Lay。実際の使い方をマスターしよう。

Lay には、敷いたり、重ねたり、塗ったり、層をつくる、と言ったように、平たい感じの物、時にはズシッと重い物を横たえる感覚がある。レイヤー(層)というカタカナ語はこの lay からきている
英語レッスン

[クリシェClichéシリーズ] 矛盾する格言:クリシェで英語ソウルを感じよう

格言で英語のパターンを体感するこのシリーズ。今回は矛盾する英語の格言を楽しく学んで、英語の表現を広げよう。
エッセイ

オーセンティシティとセルアウト…。クリエイティヴな仕事のジレンマ。

アートに関してはオーセンティシティは最も重要なものの一つである。でも自分のオーセンティシティは必ずも商業的需要とは結びつかない。
英語レッスン

[人気]第10弾 フツーのネイティヴ、フツーの英会話: レニーとの会話(続き)。アメリカン・ロードって退屈じゃないよね

アメリカの自然の中のハイウェイは退屈なように見えても場所によって微妙に違う。しかし人工的な場所はショッピングセンターなど、どこも同じように見える。
Yojo ジャーナル

[回顧録] 30年前のカナダ、ワーホリ。乗馬クラブの仕事で知り合った人と馬

孤独な仕事と思いきや、馬との交流、そしてその馬の飼い主との交流など社交的な仕事であった乗馬クラブの馬丁の仕事。カナダ、ワーホリの思い出。
英語レッスン

混乱する Lie と Lay 忘れないうちに実際の例で練習しよう

紛らわしい"Lie"と"Lay"。その違いを整理したので、"lay"の実際の使用例を見ながら復習します。「横たえる」の意味から派生した定義をカバー。
エッセイ

海外生活 ここ30年での今と昔の違い [パート2] 日本食品、コーヒー、ビール

昔に比べると良くなったことも沢山ある。アメリカで日本食品が随分手近に買えるようになった。コーヒーやビール、特にIPAは良くなったおかげてすっかりハマってしまうのだ。
タイトルとURLをコピーしました