一緒に洋書

英語レッスン

[一緒に洋書 11] 微妙な英語のニュアンスを小説から読み取ろう

今回の表現は: So is she = she is so = 彼女もそうだ see = 確認する、という意味の表現 right や old のニュアンス かき混ぜる = Stir + up を使った2つの表現: ...
英語レッスン

[一緒に洋書 9] 挿入部分に惑わせられずに文の構造を理解!

ポピュラー小説で英語の表現を見たり、フレーズの使われ方のニュアンスなどを徹底解説しながら一緒に読もう。挿入や引用のため、全体の文の構造を見失わないように、かつ英語の語順で理解するのだ。 今回の使える表現は: fearmonge...
英語レッスン

[一緒に洋書5] 英語で本を1冊読んでみよう。徹底解説付き。

普通の会話が満載の探偵小説を徹底解説しながら読んでいきます。言葉のニュアンスや、背景、使える表現や単語を知って、深く理解しよう。 Desperate の日本語訳のニュアンスのずれ Say の名詞としての「言う権利」の用法 ...
英語レッスン

[一緒に洋書4] あまり難しくない探偵小説を読もう。

一緒に読めば洋書も以外に難しくない。探偵小説を完読する!シリーズ4回目だ。ハードボイルドな減らず口。面白い会話が続きます。今回の会話では: annoy (嫌がらす、うざったくする) what the hell の強調文 ...
英語レッスン

[一緒に洋書3] ハードボイルドなジョークを小説から学ぼう。

シリーズ3回目。ロバートBパーカーの「初秋」の文を読もう。私立探偵のスペンサーと依頼人との会話だ。いかにもハードボイルドなセリフは微妙なジョークを含み、とても英語的な発想の会話だ。 Forward 、sizing up、no-non...
英語レッスン

[一緒に洋書2] ポピュラー小説を読みながら、すぐに使える表現を覚えよう。

一緒に洋書シリーズ2回目。ロバート B. パーカーの「初秋」を読んでいこう。 今回は、探偵のスペンサーが依頼人に会うシーン。人の描写の表現や、intergrate の便利な使い方など、すぐに使える英語表現がたくさんある。今回の表現は...
英語レッスン

[一緒に洋書] ロバートB. パーカーの「初秋」を読んでみよう[1]

ロバートB.パーカーの「初秋」を一緒に原書で読んでみよう!英語の難しい部分である、どこで意味が区切れているのか、を解説。シリーズ第一回、さて、一冊完読出来るか?その時にはかなり英語力が上がっているはずだ!
タイトルとURLをコピーしました