初秋

英語レッスン

[一緒に洋書 21] セリフを覚えておけば、自分でもサッと使えるのだ

ハードボイルドな男と、十代の子供との面白い会話が続く。口語的な表現の宝庫だ。例えば「気持ちワルーイ」の意味の "Gross"。思わず真似してウツってしまう、"Catching"、皮肉で言う、"Big deal!" などすぐに使えるフレーズ...
英語レッスン

[一緒に洋書 20] ニュアンス徹底解説で、面白い簡単な小説を読む

単に英語を翻訳するだけでなく、言葉の背景、応用、ニュアンス等、解説がないと分かりづらい部分を説明します。教科書では分からない英語のソウルだ。 今回は、The hell out of のニュアンス、better off の表現の につ...
英語レッスン

[一緒に洋書19] 物語のセリフで表現や単語を覚えるのは効果的!

生意気なティーンエイジャーと、ハードボイルドな男の会話。今回は I bet ~、As if~、の表現、またStuff のニュアンス、Convince の使い方、そして俗語の Suck などをカバーしよう。 今回も実際に使える表現が沢...
英語レッスン

[一緒に洋書17] 一冊英語で本を読んでみよう。

さて今回で第三章の終わりです。「本を一冊、英語で読む」、なんていうと大変に聞こえるかもしれないが、ポピュラー小説は日常の会話がほとんで、難しくは無い。 どうしてこう書かれているのか、文化的なニュアンスは?ジョークの意味、スラングなど...
英語レッスン

[一緒に洋書15] 以外に簡単!実際の会話で見る「仮定法」。

さてシリーズ15回目の洋書読解、徹底解説付きで読み進めよう。 今回は「仮定法」。ゲゲーッという反応が多い、多くの人が苦手と感じる英文法だが、実はあまり難しくはない。会話の中でもかなりの頻度で出てくる表現なので簡単にまとめてしまおう。...
英語レッスン

 [一緒に洋書14] 教科書には出ない、ワイズ・ガイの減らず口

ワイズ・ガイ(Wise guy) とは生意気な、皮肉な、減らず口を叩く奴の事だが、ハードボイルドの主人公の伝統でもある。 どんな危機に面しても、 Wisecrack (皮肉なジョーク、機転の早い気の利いたジョーク)を飛ばすだけの ...
英語レッスン

[一緒に洋書 13] 度胸満点のハードボイルドな冗談を読む

小説を徹底解説で読んでいくシリーズ。文化的背景、言葉の選び方のニュアンスや、人物に与える印象の違いなど細かく原文を検証していきます。 役にたつフレーズや、分かり難い表現・冗談など、話の流れで読んでいくと実際に使える英語力がついていく...
英語レッスン

[一緒に洋書12] スラスラ感を妨げる要因となる「間」を無くそう。

「スラスラ」を妨げる理由の一つは、英語で入ってくる情報を、日本語で理解・訳そうとするからだ。情報を処理する時に2つの言語を使うと、一瞬、「間」が入るのはよく分かる。 言うのは簡単だが、具体的にはどうすれば良いのか? それは品詞...
英語レッスン

[一緒に洋書 10]  小説を読みながら、表現を文脈で覚えよう。

ロバート B. パーカーの「初秋」読み進めていこう。今回の表現は: Figure on ~ 、slick、そして "That will do it!" などに見る、"Do" の「うまく行く」という意味の表現の使い方などを小説の文脈で...
英語レッスン

[一緒に洋書 9] 挿入部分に惑わせられずに文の構造を理解!

ポピュラー小説で英語の表現を見たり、フレーズの使われ方のニュアンスなどを徹底解説しながら一緒に読もう。挿入や引用のため、全体の文の構造を見失わないように、かつ英語の語順で理解するのだ。 今回の使える表現は: fearmonge...
タイトルとURLをコピーしました