英語イディオム

英語レッスン

レイアウトの “lay”、深く納得。lay 使った表現、最終回

動詞のLayを徹底的に体感して言葉のソウルをつかもう。かなりある口語表現を押さえて自然な会話をしよう。
英語レッスン

紛らわしい英語: wary と weary を混乱する3つの理由

Wary」と「Weary」の違いが分かる?意味は違うが、綴り、スペルが似ている。そして発音も似ている。イディオムとして前置詞 of がつく。きちんと整理して自信を持って使えるように説明しよう。
英語レッスン

[クリシェClichéシリーズ]食べる事に関するクリシェで英語のソウルを感じよう

食べる事に関係したクリシェや、よくある表現を集めてみた。使い古されるのには理由がある。それには英語のソウルがあるはずだ。
英語レッスン

レイオフは解雇するだけじゃない。結構あるLay を使ったイディオム

レイオフには「解雇する」だけでなく、自動詞的に、やっている事を「やめる」と言う意味もある。Lay bare, Lay blame on, Lay off の3つの表現を押さえます。
英語レッスン

英語がもっと自然になる相槌の打ち方3つのパターン。

会話を弾ませる豊かな相槌、3つのパターン。相手がしっかりと聞いてくれて、自分を理解してくれているのが分かれば、もっと伝えたいと思うのは当たり前だ。また会話のリズムとしても自然な相槌が打てれば生きてくるのだ。
エッセイ

内向型と外向型を決める要素とは?Introvert and Extrovert

外向型か内向型かを決めるのは簡単なように思えるが実際は複雑だ。例えば人と一緒に居るのが好きであったとしても外向型とは限らない。内向型の人間も社交を楽しむことが出来るのだ。
英語レッスン

Lay を使ったイディオム。間違いの多い Lie と Lay。実際の使い方をマスターしよう。

Lay には、敷いたり、重ねたり、塗ったり、層をつくる、と言ったように、平たい感じの物、時にはズシッと重い物を横たえる感覚がある。レイヤー(層)というカタカナ語はこの lay からきている
英語レッスン

[クリシェClichéシリーズ] 矛盾する格言:クリシェで英語ソウルを感じよう

格言で英語のパターンを体感するこのシリーズ。今回は矛盾する英語の格言を楽しく学んで、英語の表現を広げよう。
英語レッスン

[クリシェClichéシリーズ] 格言など、よく使われる表現、クリシェで英語ソウルを感じよう:Love is universal

使い古された表現が使い古されるのには理由がある。真実をズバリと表現するその素晴らしさ。そしてその真実は英語も日本語も同じ。同じ真実を表現する際の違いを感じて英語のソウルを掴もう。
英語レッスン

混乱する英語:聞く、聴く、見る、観る、hear, listen, see, watch 「意思や意図」によって使い分ける。

日本語の場合は漢字の選択によって区別するが、英語では違う単語が用意されているのが面白い。「聞こえる」、「見える」とは言っても「聴こえる」、「観える」とはあまり言わない。その違いが英語の場合はちがう単語になるのだ。
タイトルとURLをコピーしました