英語動詞

英語レッスン

レイアウトの “lay”、深く納得。lay 使った表現、最終回

動詞のLayを徹底的に体感して言葉のソウルをつかもう。かなりある口語表現を押さえて自然な会話をしよう。
英語レッスン

レイオフは解雇するだけじゃない。結構あるLay を使ったイディオム

レイオフには「解雇する」だけでなく、自動詞的に、やっている事を「やめる」と言う意味もある。Lay bare, Lay blame on, Lay off の3つの表現を押さえます。
英語レッスン

せっかく整理した Lie と Lay 実際の例で復習しよう

ネイティヴですら混乱するこの二つの動詞。エリッククラプトンの間違いを思い出してもう一度整理しよう。今回は「Lie」についての実際の例をカバー。
英語レッスン

混乱する英語:聞く、聴く、見る、観る、hear, listen, see, watch 「意思や意図」によって使い分ける。

日本語の場合は漢字の選択によって区別するが、英語では違う単語が用意されているのが面白い。「聞こえる」、「見える」とは言っても「聴こえる」、「観える」とはあまり言わない。その違いが英語の場合はちがう単語になるのだ。
英語レッスン

「期待する」だけじゃない expect の使い方

今投稿では expect を取り上げて、言葉のソウルを体得、そして実践して使いこなせるように練習しよう
英語レッスン

「言う」だけじゃない Tell の用法:この2つを覚えよう。

英語を学び始めてすぐに出てくる基本的な単語には深い守備範囲があり、その言葉のソウルを掴めばたくさんの表現を一気に覚える事ができる。
英語レッスン

Go さらに追求: Go through

動詞の go と前置詞を合わせてつくる表現を一つづつ押さえて行こう。最終的に go についての認識が深まり、表現が自然に頭に浮かんでくるはず。
英語レッスン

Go は「行く」だけではない。Go のニュアンス

Go のニュアンスを見ていこう。基本的な動詞だけに守備範囲は広いが「行く」という意味から少しずれた、英語的な使い方の例。
英語レッスン

Come + 前置詞で表現できること [パート1]

基本的な動詞に前置詞をつけると多数の表現ができる。日本語的にも理解しやすいニュアンスとは少しずれた、英語的なものを押さえていこう。
タイトルとURLをコピーしました