True darkness is hard to find: 真っ暗闇はめずらしい

エッセイ

Another thing that I like about mountain living is the darkness. Do you remember the last time you were in the total darkness?

山暮らしで好きなことの一つは真っ暗闇だ。最後に本当の暗闇を経験したのはいつか覚えてますか?

Street lights: 街灯

We do not have any street lights around here. So you have to have a flashlight all the time. You will be amazed at how dark it can get.

この辺には街灯は全くない。だからいつも懐中電灯は持っている。本当の暗闇がどれほど暗いのかを経験するとびっくりする。

Moonlight: 月明かり

You will notice the moon and its phases when there are no other lights. And it makes a big difference in visibility at night. A full moon night is like a day time. Well, almost.

月の光だけが頼りだと、月が出ているか、そして月が今どんな満ち欠け状態なのかをよく気がつく。夜の暗さにずいぶん違いが出るのだ。満月の夜なんて「ほとんど」昼間かと思うほど明るい?

Starlight: 星明かり

Even stars make a difference. Starlight is hard to detect but when there isn’t any moonlight, you do notice it.

星の明かりでさえ違いが出てくる。星明かりなどはなかなか気がつかないものだけれど、月明かりがない夜に感じることができる。

Cloudy night: 曇った夜

When there is no moon and it is cloudy, that’s when you experience the true darkness. I sometimes walk right into things like a parked car. And sometimes I notice the difference in the sound of my footsteps when I was about to hit the side of the truck, managing to stop before I smack into the truck, leaving a couple of inches in front of my nose. When one sense is deprived, in this case, the visual sense, other senses become sharpened, like your hearing and sense of smell–sometimes.

月も出ていなく、そして曇っている夜は本当の暗闇を経験できる。止めてある車とかに歩いて打ち当たることも。トラックの横壁にあたる寸前に足音の反響の違いを察して止まることもある。鼻先数センチで。視覚という一つの感覚が無くなると、音や匂いのような他の感覚が研ぎ澄まされる。いつもではないが。

Primal darkness: 原始的な闇

I like feeling the night. It can be a somewhat uneasy feeling and also can be a relaxing one. It is nice to think about things in the primal darkness like this to set your perspective.

夜を感じるのが好き。ちょっと不安な感じからリラックスできる感じまで時によって異なる。そんな原始的な暗闇で考え事をするのは、視点を省みるのにも良いものだ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました