英語レッスン

[一緒に洋書33] 普通の朝の会話。ハードボイルドじゃなくオーバー・イージー

アメリカの普通の家庭の普通の朝のシーンですね。「ピンポンテーブルがあるファミリールーム」、なんて、いかにもアメリカの郊外の家という描写だ。 今回の投稿では、「10分過ぎ」、「5分前」などの時間の言い方、「the school get...
エッセイ

[最近聞く言葉] キャンセル・カルチャーCancel Cultureとは何か?アメリカ文化の事情

アメリカのニュースでCancel Culture /キャンセル・カルチャーという言葉をよく聞く。以前の投稿でカバーした「クリティカル・レイス・セオリー/Critical Race Theory」や「ウォーク/Woke」と同じように、最近の...
英語レッスン

[一緒に洋書32] 日本語に訳し難い=英語的な表現、と意識してセンスを上げよう

英語の単語や表現で、日本語ではどう訳すんだ?と思わず詰まる場合がある。対象の言語に一致しないコンセプトであるわけだが、そのズレとは、その言語の「らしさ」が最も理解する事ができる箇所だ。 そんな違いのニュアンスを把握するセンス、それが...
エッセイ

[アメリカ生活]州によってコロナ対策がかなり違う。アイダホとオレゴンの場合

僕らはオレゴン州に住んでいる。オレゴンの州知事は民主党 (Democrat)だ。彼女は州の規則として、屋外の公共の場所で、他人との距離を取れない場合は、ワクチン接種の状態に関わらずマスクをすることを義務付けている。そしてもちろん全ての屋内...
英語レッスン

[一緒に洋書 31] スペンサーの「皮肉」と「減らず口」を楽しもう

スペンサーと依頼人との会話が進んでいきます。 共にスペンサーのトレードマークである、皮肉 =「Sarcasm」と 減らず口 =「Wisecrack」。英語ならではのジョークを楽しもう! 今回はCorn/トウモロコシを使った表現...
エッセイ

[ 最近聞く言葉]「Woke・ウォーク 」の意味すること。良い言葉なのか、悪い言葉なのか?

以前の投稿で「Critical Race Thoery」や「Sistemic Racism」などについて書いたが、最近よく聞く「Woke・ウォーク」について考えてみよう。不利に扱われる少数派のグループを擁護する言葉なのか?それとも、リベラ...
英語レッスン

[一緒に洋書 30] 会話のリズムではあるが、あまり意味が無い言葉、it’s just that…

スペンサーの予想通り、離婚する両親の間に挟まれる少年の件は再び戻ってきた。 タイトルに出した、「It's just that ~」は、言い難い事を切り出す時によく使われる表現。あまり意味が無いので教科書には出てこないが、実際にはよく...
英語レッスン

[紛らわしい英語] Unattainable と Untenable の発音そして意味、区別できる?

文字を見ると分かり易いが、ヒアリングで識別するのは混乱しがちなこの二つの言葉、Attainableと tenable 。意味は違うが、似ていなくは無い。紛らわしい英語を追求し、語彙を増やすこのシリーズにはうってつけ。 英語のウヤモヤ...
英語レッスン

[一緒に洋書 29] 何気ない会話が分からない?小説の会話を分析しよう。

何気ない自然な会話に慣れるのには、ポピュラー小説を読むのが効果的。そんな会話を理解するのが一番難しかったりする。今回は間投詞としての「say」、「some such ~」 、「dedicate」 と言う単語のソウル、「go down th...
エッセイ

[アメリカ生活] 西海岸の水不足、コロラド川の事情、そして山火事

様々な場所で、地球温暖化の影響を受けた災害が発生しているが、西海岸でも連日、記録的な暑さ、水不足、山火事のニュースが続く。数年続いている干ばつのために、乾いた地面は、高気温によりさらにカラカラになり、多少の雨では状況は変わらない。 ...
タイトルとURLをコピーしました