Yojo ジャーナル

いきなり「悪者」とされた出来事!誤解と現実 Misunderstanding?

昨日スーパーの駐車場で、何を勘違いしたのか、女性ドライバーが僕に対して激怒!その後、彼女は僕の跡をつけ、ナンバーの写真を撮っているではないか!日英併記日記。
英語レッスン

当たり前の基本動詞の知らなかった用法:Find

すでに知っていると思っている基本の動詞にも、微妙にニュアンスが違う意味や用法があったりする。その英語的ニュアンスを掴むと英語センスが上がる!今回は「FIND」に注目しよう。
英語レッスン

[スラング] それ私のせい!= My bad!その他3つの謝罪のパターン

間違いを認めて謝る言い方はたくさんある。最近よく聞くスラングのカジュアルな謝罪はこれ、My bad! その他3つの謝罪パターンを覚えよう。
Yojo ジャーナル

山の生活:インターネットは[へその緒]。英語では何?

インターネットのおかげで、山の生活と言うものが変わった。今や地理的な場所に関係なく、テレワークやリモート・コラボレーションなど知的活動が可能になったのだ。この「新しい自由」を存分に使わない手は無い。
Yojo ジャーナル

アメリカ山暮らし:隣人は愛すべきだが、選べないのが問題だ。

森の中でお隣さんが一軒だけある。ラッキーな事に、僕らの隣人は最高だ。しかしいつも幸運であるとは限らない。隣人はとても大切な要素だが自分では選べない。
英語レッスン

[紛らわしい英語]3つの「ベアー」を区別できる?:Bear、Bear、Bare

小学生でも知っている英単語、「クマ・bear」の他にもう2つの別の言葉かあるのを知ってた?意味の違い、品詞の違いをチェックして、用法を身につけよう!
エッセイ

抗議デモと暴動の違い:ポートランドの「母の壁」Wall of Moms が撃たれた。

抗議デモは国の政策を変えるためには有効な手段だ。しかし暴動には何も意味はない。ポートランドの「母の壁」は平和的な抗議の象徴だ。それに対する政府の暴挙は許されない。
英語レッスン

[スラング] Blow 「ぶっ飛び」の俗語、口語表現

風が「吹く」から、「破裂」(blow up) するまで、幅広い「空気の流れ」を表現する言葉だが、比喩的に使われる口語表現としても多い。
Yojo ジャーナル

[回顧録] バンクバーに再び:アイルランド人のクリスとの日々

典型的なアイリッシュの描写にピタリとハマるクリスとの日々。再び戻ったバンクーバーで彼の家に居候させてもらったのだ。
エッセイ

同調圧力 = Peer Pressure: 日本とアメリカの違い

コロナ感染防止のさいに「同調圧力」が話題に出るが、英語の Peer pressure と違いはあるのだろうか?国によって違う政策とその結果に関係はあるのだろうか?
タイトルとURLをコピーしました